レッスン内容

このエントリーをはてなブックマークに追加

最初は(初級)

教育用LEGO®WeDo2.0を用います。テキストは画面に表示され、書かれているスライドを見て、ロボットを組み立て、プログラミングします。プログラミングする上で、問題意識を持ちながらそれを解決するためのシナリオ形式になっています。

ここでは、基本的なプログラムの目的を覚えます。

また、そのロボットはどんな目的のものか、そのためには何ができないといけないかを考えてゆきます。

初級の終わりには、自分でブロックを組み立てて、プログラムを作成してゆきます。


次に(中級)

一般的に利用されているScratch®2.0のロボット制御機能を拡張したmakeBlockを用いて、より高度なプログラミングを覚えます。また、Scratch®2.0のテキストを見ながら進めてゆきます。ゲームの制作も行います。

ロボットを購入いただいた場合は、組み立ても体験できます。このほか、20を超えるゲームを作成します。

ここでは、プログラミングの基礎や考え方を身につけます。


最後は(上級)

大がかりなゲームを作成します。完成したら、Scratch®2.0に、シャープ製コミュニケーションロボット「ロボホン」の機能を追加して、自分の思ったとおりに、ロボホンを制御します。

ここでは、自分の思いを実現するためにどうすればよいかの方法を身につけます。

※「ロボホン」はシャープ株式会社の登録商標です。